長い文章を書くのが苦手な場合の対処法

アンリミテッドアフィリエイト1ブログやサイトを作成、更新するとき長い文書を書くとき 困りませんか?

スマホ・PCのキーボードで指先がフリーズしていませんか?

ブログの更新は大切ですし、SEOでは有効なことです。

パソコンの前で固まって指先がフリーズは経験はありませんか?

>> コピーライティングはこちらをクリック

 

 

 

長い文書を書くのは苦手でも短い文書なら書けるのに・・・・。

 

このサイトは、中島拓道さんのグルの販売術_弱者の戦略で長い文章を書く対処法レビュー!グルの販売術 – 英語圏で主流になっている「着地ページ」の「新しい形のセールスレター」とは?ランチェスター戦略での弱者の戦略では差別化戦略の評価や検証などの情報を公開しています。

 

あなたは、短めの文章なら書けるのに、長い文章になると

急に書くのが難しく感じられませんか?

もしそうなら、文章の「塊」を意識するといいかもしれません。

 

その対策として、

 

例えば、ブログなどの記事なら見出しがあって、

本文があって…というのを何度か繰り返してできていますよね。

その見出しと本文の1セットが「塊」です。

1つの塊が300文字だとしたら、

3つ繋がることで900文字の記事になるわけです。

グルの販売術_新しい形のセールスレター2

 

 

一方、書店、通販で販売されています書籍ならどうでしょうか?

だいたい、第1章、第2章、第3章…といった感じで構成されていますよね。

その1つの章もまた、いくつもの文章の「塊」でできているはずです。

 

 

芥川賞や直木賞を考えている場合は、文章の「塊」だけでは・・・。

文章全体の構成や関連性など必要になりますが、

サイトの文章ではそこまで求められてはいません。

 

 

どんなに長い文章でも、小さな文章の「塊」をつなげているだけなのです。

つまり、短い文章を書けるのであれば、あとは構成のコツさえつかめば、

一気に長い文章も書けるようになります。

 

 

構成力を高めるには、書籍などがどういう構成になっているのかを

分析するのがおすすめです。

1文、1文を目で追いかけるんじゃなくて、もっと高い視点から

全体 を眺めて見るわけです。

その構成を真似することで、長くても 伝わりやすい文章が

スムーズに書けるようになるはずです。

 

 

 

長い文章を書く対処法

長い文章を書くのが苦手な場合は、文章の「塊」を意識して構成する

このサイトは、中島拓道さんのグルの販売術_新しい形のセールスレターで

長い文章を書く対処法レビュー!グルの販売術 – 英語圏で主流になっている

「着地ページ」の「新しい形のセールスレター」とは? 弱者の戦略・強者の戦略での

弱者の戦略では差別化戦略の評価や検証などの 情報を公開しています。

>> 長い文章の塊対処法レビューはこちらをクリック詳細はこちらをクリック

 

 

 

 

保存

保存